最低ロット数を確認しよう!

業者によって対応できるロット数が違う

紙袋の印刷を業者に依頼するときにはロット数がどの程度から対応してくれるかを確認するのが大切です。業者によっては100枚以上といった比較的大きなロットでないと対応してくれない場合があります。逆に少ない場合にはたった一枚からで対応してくれるので、小ロットで注文したいときほど慎重に確認しておいた方が良いと言えるでしょう。ロット数への対応力は業者が持っている設備と運営の仕方によって決まります。インクジェット印刷で紙袋を作れる場合にはかなり小さいロットでも対応してくれることが多く、大量生産を重視するよりも個人も気軽に使えるようなサービスを提供する方針を立てている業者では一枚単位の発注も受け付けてくれているのが一般的です。

ロット数の大きさによる単価の違いにも気をつけよう

ロット数がかなり小さくても大丈夫な業者でも単価にはかなりの違いが生じ得るので気をつけましょう。宣伝広告では最低いくらからと記載されていて、とても安い業者だと思っても数千枚は印刷を依頼しないとその価格にはならないこともあります。安い業者は海外で印刷する工場を持っていることが多く、大きなロットの場合に向いているのです。海外工場の場合には人件費やユーティリティコストが低くて済むものの、輸送費がかかってしまうので小ロットには適しません。業者の店舗内で一つ一つ印刷して紙袋を作っているくらいの業者の方が小ロットの場合には安いこともあります。ロット数の大きさによる単価の違いは意識して業者を比較するようにしましょう。

お気に入りのデザインや画像からオリジナル紙袋が作れます。あの人へプレゼントしたり、自分だけの紙袋にしたり、使用方法は多種多様です。